本文へスキップ

分子シミュレーション研究会は、コンピュータシミュレーションの手法により分子集合体の物理・化学的性質を求めるための諸問題を研究する、200名以上の会員により構成されています。

分子シミュレーション研究会

The Molecular Simulation Society of Japan

学術賞PRIZE

学術賞について

分子シミュレーション研究会表彰規則に基づき、 分子シミュレーション研究会学術賞を授与しています。 学術賞受賞者の中で、特に分子シミュレーション方法論の研究において 顕著な業績が認められた者については、能勢賞があわせて授与されます。 学術賞の募集要項は、会誌アンサンブルの各巻第2号(4月末ごろ発行)に掲載されます。

これまでの受賞者

年 度 受賞者(所属)・ 受賞業績
平成28年度 石山 達也 氏 (富山大学 大学院理工学研究部)
液体表面の分子シミュレーション手法の開発と展開
平成27年度 金 鋼 氏 (新潟大学 大学院自然科学研究科)
複雑流体の遅いダイナミクスに対する新規計算手法・解析手法の開発とその応用
平成26年度 奥村 久士 氏 (分子科学研究所 総合研究大学院大学)
生体分子系、液体系における分子動力学シミュレーション手法の開発と応用
平成25年度 光武 亜代理 氏 (慶應義塾大学 理工学部 物理学科)
多次元焼き戻し法の開発及び緩和モード解析とWHAM法の一般化による構造解析法の開発
平成24年度 森下 徹也 氏(学術賞・能勢賞) (産業技術総合研究所 ナノシステム研究部門)
拡張形式に基づいた温度・圧力制御及び自由エネルギー計算手法の開発と適用研究
平成23年度 野口 博司 氏 (東京大学 物性研究所)
生体膜の粗視化シミュレーション
平成22年度 志賀 基之 氏 (日本原子力研究開発機構)
水素・重水素の量子統計力学を反映した量子論的分子シミュレーション
平成21年度 杉田 有治 氏 (理化学研究所)
レプリカ交換分子動力学法の開発
平成21年度 増淵 雄一 氏 (京都大学 化学研究所)
高分子液体の高速分子シミュレーション法
平成20年度 松林 伸幸 氏(学術賞・能勢賞) (京都大学 化学研究所)
回転運動方程式の解法および溶液理論に基づく自由エネルギー計算法の新規開発と応用
平成20年度 篠田 渉 氏 (産業技術総合研究所 計算科学研究部門)
両親媒性分子の自己集合構造の分子シミュレーション
平成19年度 高橋 英明 氏 (大阪大学 大学院基礎工学研究科 物質創成専攻)
量子化学と統計力学の融合による凝縮系の化学過程の自由エネルギー計算と反応機構の研究
平成18年度 泰岡 顕治 氏 (慶應義塾大学 理工学部 機械工学科)
流体の界面現象・核生成現象の微視的機構の大規模分子シミュレーションによる研究
平成17年度 甲賀 研一郎 氏 (岡山大学 大学院自然科学研究科)
不均一液体の構造と相転移に関する研究
平成15年度 三浦 伸一 氏 (分子科学研究所 計算分子科学研究系(現 金沢大学 理学部 計算科学科))
量子液体の計算理論
平成14年度 山本 量一 氏 (京都大学 理学部 物理学第一教室(現 京都大学 大学院工学研究科 化学工学専攻))
ソフトマターの分子動力学シミュレーション
平成12年度 松本 充弘 氏 (京都大学 大学院工学研究科 機械物理工学専攻)
流体相変化の分子機構に関する研究
平成12年度 高須 昌子 氏 (分子科学研究所 相関領域研究系(現 金沢大学 理学部 計算科学科))
ランダム媒質中の量子系のシミュレーション
平成11年度 金子 豊 氏 (京都大学 大学院情報学研究科 複雑系科学専攻)
超イオン伝導体の分子動力学法による研究
平成11年度 竹内 久雄 氏 (三菱化学株式会社 横浜総合研究所)
分子動力学シミュレーションによる高分子材料でのガス拡散と結晶化に関する研究

バナースペース

分子シミュレーション研究会
事務局

〒223-8522
横浜市港北区日吉3-14-1
慶應義塾大学理工学部機械工学科
泰岡研究室内

TEL 045-566-1523