本文へスキップ

分子シミュレーション研究会は、コンピュータシミュレーションの手法により分子集合体の物理・化学的性質を求めるための諸問題を研究する、200名以上の会員により構成されています。

分子シミュレーション研究会

The Molecular Simulation Society of Japan

研究会についてCONCEPT

分子シミュレーション研究会とは

分子シミュレーション研究会は、 コンピュータシミュレーションの手法により分子集合体の 物理・化学的性質を求めるための諸問題を研究する 200名以上の会員により構成されています。 会員は大学・研究所・企業の研究者、大学院生・学生が主です。 本研究会の主な活動には学術討論会、講習会、産学連携フォーラムがあります。 また、研究会ニュースレターが季刊に発行され、会員同士の情報交換に用いられています。 その他、会員の所属する研究室の大学院生らによって夏の学校が行われています。


会長メッセージ

President

1953年に Metropolis らによりモンテカルロ法が、 また1957年に Alder らにより分子動力学法が論文発表されて以来、すでに半世紀を越える年月を経て、 分子シミュレーションは今や物理、化学、生物、材料などの諸分野に欠かせない重要な手法として広く普及し、 科学技術の発展に大きく貢献してきています。そして近年ではさらに、 基礎学術分野のみならず産業においても有用な基盤技術として大いに期待され、 産業界にも広く展開されつつあるところであります。

そういった中で、分子シミュレーション研究会は1997年に発足して以来、 分子シミュレーション討論会、分子シミュレーション夏の学校、分子シミュレーションスクール、会誌「アンサンブル」の発行など、 分子シミュレーションに関わる研究者コミュニティの交流の場として、すでに20年近く豊富な活動を続けてきています。 これらの活動のほとんどは、分野の若い方々の献身的な奉仕活動をもとに成り立っており、 着実であるとともに若さと活力にあふれたものであることは言うまでもありません。 このような研究会活動が皆様のお役に立つことはもちろんのこと、 特にこれから研究者を目指す学生諸君の励みにもなるように強く願っております。

このホームページも研究会活動の内容を広く皆さんにお伝えし、 様々な情報を迅速に提供させていただくためのものでありますが、 同時に分野の皆さんの交流の場として十分に機能できるよう期待しております。 ここにおいて、研究会活動が分野の発展に大きく貢献できるように、 あらためて皆様方の力強いご支援を心よりお願い申し上げます。

分子シミュレーション研究会会長 岡崎 進(名古屋大学大学院)


研究会の沿革

1987年12月
科研費特定研究「溶質-溶媒相互作用の微視的動態解析」計算機シミュレーショングループの研究会として、 第1回分子シミュレーション討論会開催
1988年12月
同グループが母体となり分子シミュレーション討論会実行委員会が発足、 第2回分子シミュレーション討論会開催
1994年11月
第1回分子シミュレーション国際会議(ICMS)を開催
1997年8月
第1回分子シミュレーション夏の学校開催
1997年12月
分子シミュレーション研究会発足、討論会の主催を引き継ぐ
1999年6月
分子シミュレーション研究会 News Letter "アンサンブル" 発行
1999年12月
分子シミュレーション研究会学術賞を制定
2004年1月
第2回分子シミュレーション国際会議(ICMS)を開催
2004年10月
分子シミュレーション研究会会誌 "アンサンブル" 発行
2007年11月
分子シミュレーション研究会優秀発表賞を制定
2007年12月
第1回分子シミュレーションスクール開催
2013年11月
第3回分子シミュレーション国際会議(ICMS)を開催

規約

バナースペース

分子シミュレーション研究会
事務局

〒223-8522
横浜市港北区日吉3-14-1
慶應義塾大学理工学部機械工学科
泰岡研究室内

TEL 045-566-1523